#setlinebreak(on)
* EthnaFlexyAPI getElements対応版 [#tea76314]
#htmlinsert(googleAdsense.html)

[[PHP/Framework/Ethna]]
[[PEAR/HTML_Template_Flexy/Ethna Flexy API(Ethna HTML_Template_Flexy API)]][[Framework/Ethna/PEARDB利用]]

**概要 [#uaaaf06a]

[[getElements>http://pear.php.net/manual/en/package.html.html-template-flexy.html-template-flexy.getelements.php]]あっての[[HTML_Template_Flexy>http://pear.php.net/manual/en/package.html.html-template-flexy.php]]ですよ。

(ノ・・)ン。。。。。。(((●コロコロッ

これをやるにはやっぱり[[Ethna>http://ethna.jp/]]自身を改良するしかないな。
とおもったら、以外とあっさり実装できた。
[[Smarty>http://smarty.php.net/]]にしても、[[Flexy>http://pear.php.net/manual/en/package.html.html-template-flexy.php]]にしても、
Viewクラスで利用することには違いないので、
Viewクラスだけ別途用意。

自動的にsetValueはしないけれど、
立派に動作するようになりました。
ヽ(^0^)ノ ワーイ

オプションも固定だったのを、
多少変更できるようにしました。
最終的にはiniファイルに設定項目を記述できるようにしたいなぁと思ったり。

あとはメールでもテンプレートが利用できるように、
コンパイラをメールの時はStandardに調整しました。
これもiniファイルで設定できるようにしたいなぁとおもってみたり。

インストール手順が少し増えるので、
前回のものとは分けようかと思います。

インストールはこんな感じ。
 (1)Flexyをインストール
 # pear install HTML_Template_Flexy
 (2)class, skelディレクトリごとファイルをコピー
 (3)Ethna.php上のSmartyのインクルード行を削除
 //include_once('Smarty/Smarty.class.php');
 (4)Ethna_Flexy.php, Ethna_View_Flexy.phpをインクルード
 include_once(ETHNA_BASE . '/class/Ethna_Flexy.php');
 include_once(ETHNA_BASE . '/class/View/Ethna_View_Flexy.php');
  
Loginアクションを作成して付属のテンプレートを使うと、
ログイン画面が見えると思います。
それでインストール完了。

スケルトンファイルを上書きせずに行く方法がありそうなので、
そこは今後かえるかも。






#comment



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Third Project
証券会社ランキング比較