encodeURIComponent関数とencodeURI関数とescape関数

PHP::PEAR

なんだろこんなにたくさんある意味がわからん。

(ノ・・)ン。。。。。。(((●コロコロッ

調べてみるとJavaScript?のurlencode関数はたくさんあるようだ。
それって・・・何のために?
encode関数とdecode関数はこんな感じで対応

encodeURI() - decodeURI()
encodeURIComponent() - decodeURIComponent()
escape() - unescape()

そして対応ブラウザはと言うと

encodeURI()
 Firefox
 IE5.5
 NN4
encodeURIComponent()
 Firefox
 IE5.5
 NN4
escape()
 Firefox
 IE3

これはつまり歴史的な理由と言うことかな。
一つ一つみてみよう。

escape

Encodes a string, replacing certain characters with a hexadecimal escape equence.

escapeは調べてみると正確には関数ではないらしい
DOMでwindowクラス内のescapeメソッド。

Syntax
regular = window.escape(escaped)

デコードするときはunescapeメソッドを使う

Syntax
regular = window.unescape(escaped)

encodeURI

Encodes a Uniform Resource Identifier (URI) by replacing each instance of certain characters by one, two, or three escape sequences representing the UTF-8 encoding of the character.

変換する対象はURI。

Syntax
encodeURI(URI)

encodeURIComponent

Encodes a Uniform Resource Identifier (URI) component by replacing each instance of certain characters by one, two, or three escape sequences representing the UTF-8 encoding of the character.

変換する対象は文字列。

Syntax
encodeURIComponent(String)

PHPのregister_globalsをonにしているとメチャメチャ危険と、
マニュアルに書いているのが面白い。


お名前:


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Third Project
証券会社ランキング比較