真・memcacheをセッションに使う

PHP::PEAR

また、創った物が無駄になった。

(ノ・・)ン。。。。。。(((●コロコロッ

以前作ったmemcacheSessionですが、
約一年の時を経て、お役ご免となりました。

というのもPECL::memcacheがセッションを標準でサポートしたからです。
version2.1.1のchanging.logを見ると、

- Added experimental session storage support. You can use memcached as session storage.
- Fixed PECL bug #9486 (empty keys should not be allowed in memcache_set/add())
- Fixed PECL bug #9854 (get() changes the datatype of variable of given as key)

嬉しいような。。。悲しいような。。。
けど、仕様があまりにもそっくりなんですけど、
パクラれた?
まぁいいけど。

インストール

新規インストールの場合

pecl install memcache

php.iniに

extension=memcache.so

を追加

バージョンアップの場合

pecl upgrade memcache

セッションセーブハンドラに登録

php.iniの場合

session.save_handler = memcache
session.save_path = tcp://192.168.0.1

.htaccessの場合

php_value session.save_handler "memcache"
php_value session.save_path  "tcp://192.168.0.1"

プログラムの場合

ini_set("session.save_handler", "memcache");
ini_set("session.save_path", "tcp://192.168.0.1");

あとは普通にsession_start()でOK。

save_pathのフォーマット

tcp://host:port?persistent=1&weight=2&timeout=2&retry_interval=15,tcp://post2:port2"

お名前:


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Third Project
証券会社ランキング比較